全日本チヌ釣り選手権

月21~23日まで、兵庫県家島諸島を舞台に行われた『マルキュー・MFGカップ全日本チヌ釣り選手権全国決勝大会』に参加してきました。

初めての瀬戸内海での釣りという事で、19日に現地に入り2日間プラ釣りをしました。
右も左も判らない土地だけに、プラ釣りには釣士道Y社長にお付き合い頂きました。

それにしても、単なる一愛好者の為に、メーカーの社長がプラ釣りに同行し、しかもバックアップまでしてくれるなんて考えられますか?
普通考えられませんよね、他のメーカーさんではありえません。(個人的な考えですが・・・)
でもそれがアリなのがTHE釣士道なのです。やはりY社長は男前です(笑)。
単なるお笑いキャラの人ではありません(爆)
というか、そんな単なる愛好者の為にY社長を差向けてくれた、釣士道最高権力者の番長様(笑)はもっと男前です(笑)

さて一回戦ですが、一名欠場が出た為、地元兵庫の名手樫原さんとのタイマン対戦でした。
この樫原さん、前年度3位のシード選手です。
当日は天気も良く、使用予定の磯?や目ぼしい磯にはすでに一般のお客さんが渡礁しており、なんと言う所か忘れましたが、断崖絶壁に足場となる棚がちょこっとあるような場所に渡されました。
しかも、現地のマルキュースタッフさんは「真鯛の場所や」と言っていて最初使うか迷っているような所です

「お願いしまーす」と挨拶をし1ラウンド開始

1ラウンドに入った場所は足元からドン深な感じで、地元庄内の由良や男鹿に似た雰囲気。
潮は、左側に居る対戦者の近くを流れる本流に引かれ右から左にゆっくり流れている感じ。
沖ではあまり魚が浮きそうにもない気配がした為、狙いは際に定め『紺水ⅡS・G4』の結束部にG4を1つ打ち、ハリスはノーシンカーにして(根掛り防止の為)際をゆっくり落とすように攻めました。
この作戦が見事的中。
開始まもなく40cmクラスを釣り早掛け成立。それから間もなく48cm位(自分の中では50センチでしたが)が来ましたが、この魚かなり引きました。
しかし糸は出しません。その為、危うく海に落ちそうになりました(爆)。
やはり瀬戸内の早い潮に鍛えられた魚は違います。すんごいパワーでした。
いい感じでパタパタと釣れたのですがその後が続きません。
なぜかなー?と思いながら海の中を見ると、水面下3m位の所に体長1m近い巨大な白い影が・・・
頭には立派なコブがあります。そうです巨大な寒鯛が悠々と泳いでいます。
昔、大きな真鯛が居ると黒鯛は釣れないてなことを聞いた覚えがあります。
ホンとかウソかはわかりませんが・・・(笑)
そんな感じでチヌは散ってしまったのでしょうか?結局奴は最後まで消える事無く泳ぎ回っていました(泣)
とりあえずしばらくの間は2対0で優位に進めていたのですが、流れの中を釣っていた樫原さんが際狙いに変更し一枚釣り2対1に(焦)
ちょっと焦ったのですがその後は両者とも追加なく1ラウンド終了

30分のインターバルの間に昼食と水分補給をしていると、なにやら渡船が近づいてくるではありませんか・・・
そしてなんと自分が2ラウンドに立つ場所から3m位しか離れていない場所に一般のお客さんが入座。
審判員の方がNGと抗議するものの、そのお客さんは「絶対邪魔しないから、潮はこう流れるから大丈夫だ」と強引に押し切り、釣りを始めてしまいました。

そして2ラウンド目が開始。

右側に対戦者、左側に一般客、真中に自分の並びで始まりました。
そして、開始まもなくHIT!!
自分にではありません、そして対戦者の方でもありません、一般のお客さんです
一枚持っていかれました(号泣)
その後は何をやっても反応がなく餌取りのオセンも現れ始め、たまに釣れるのはベラかフグという状態に・・・
最後は潮目の襲来と共に緑色の赤潮のようなものと漂流ゴミが押し寄せ、1投毎にゴミか掛かるか、ラインにゴミが絡むかの釣りならない状況になってしまいました
そして、そんな最悪の状況で2ラウンド終了
朝の時合いに釣った2枚で勝負がつき、2対1で勝利し準決勝に進むことが出来ました。

だいぶ長くなったのでここからは簡単に内容も余り無いよう~なので・・・(笑)

翌日の準決勝ですが、この日は朝から大雨に強風の最悪の天候
競技時間も一時間の3ラウンドに短縮。
風を避ける為、湾の奥のほうに入りAM5:00に競技開始。
ジャンケンに勝ってしまい湾の先端部に入座。
背後からは強風が吹き荒れています。
風対策で「紺水ⅡM・B/2B」からスタート。
風は何とか対応できたのですが、雨空のAM5:00、暗くてウキが見えません(泣)
手前に大きな沈み根があるのがわかったので、とりあえず遠投・・
何処に着水したのか、何処を流れているのかさっぱりわかりません(笑)
やっとでウキが見えたかなと思ったら、1ラウンド終了10分前(号泣)
1ラウンドは捨て、2ラウンド・3ラウンドに賭けようと思っていたら、今度は山から牛乳のような色の濁り水が流入・・・
おまけにゴミやら丸太やらまで(泣)
結局こんな感じが最後迄続きまったく釣りになりませんでした
そんな感じの中で対戦相手だった前年度優勝の平野さんが貴重な一枚をGETし勝ち抜けました

決勝の詳しい内容はマルキューHPにて確認してください(笑)

結果ですが総合九位という事でギリギリ入賞出来ました
微妙な順位ですが実力以上の成績を収めることが出来よかったです


所変われば釣り方も変わる。
大変貴重な経験をさせてもらいました

最後にお世話になったマルキュー社員の方々・現地スタッフの方々、大会期間中は大変お世話になりました
また家島の舞台に立てるように修行します。

ありがとうございました。


1日目は携帯使えず、2日目は雨で使えず、画像がありません(笑)
大変長くなってしまいましたスイマセン





2010年05月26日 Posted byH君 at 21:54 │Comments(4)

この記事へのコメント
入賞おめでとうございます
見知らぬ土地での、活躍!さすがです!

次は、ジャパンカップですね〜!お互いトップ目指して、頑張りましょう!

ちなみに、うちは、B大会です!
Posted by 磯師 at 2010年05月27日 20:36
全国大会で入賞するなんて・・・・・恐れ大くて近よれないっすな(笑)。

見知らぬ土地、しかもタフなコンディションで本命を叩きだすあたりはさすがとしか言えませんね^^

まだ春の来ないおいらとはえらい違いだ(爆)
Posted by 若旦那 at 2010年05月28日 07:20
入賞おめでとうございます(^o^)v

お疲れ様でした

PS
Y社長は磯で寝ていなかったですか?
Posted by 豆短九 at 2010年05月28日 18:43
磯師さん どーもデース♪

入賞といっても準決勝最下位ですが(笑)
ジャパンカップ、おいらは鱗海さんとA大会です。
B大会は磯師さんのように強敵が多いので・・・(笑)



若旦那さん おっつでス☆

地元で5連続ボーズで現地に入りました。
こっちで運使わなかったので釣れたみたいです(笑)

最近のこの寒さ、まだ季節は冬です(笑)
これからが本当の春なのでガンバリまっしょい♪


豆短九さん どもッス☆

ギリギリの入賞でした。
これもY社長と番長のおかげです(笑)
Y社長は今回は磯で寝ませんでした。
というかあの事件があったので寝られなかったようです(爆)
Posted by H君 at 2010年05月28日 20:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。