スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

残念(泣)

昨日、庄内を会場にダイワスーパーバトルカップチヌ2009山形大会が開催されました。
上位2名が巨チヌの宝庫、長崎県五島列島玉之浦湾で行なわれる全国決勝大会に
招待されます。
そして初代全国チャンピオンはこのブログでもお馴染みの『海風・兄こと船木和久氏

自分も先月のマルキューカップに続く二冠を目指し参加してきました。

すでに『磯師』さんのブログでも報告のあったとおり、朝3時、土砂降りの雨の中受付
を済ませ、鶴岡周辺の磯場はフグで厳しいだろうと見切りをつけ、一発大物の出る事
のある酒田離岸で勝負することにし、一路酒田港を目指しました。

海友会のメンバーみんなと(ソルトさんは欠席(笑))磯師さんで4時に渡船しさっそく
釣り開始。
タナをまず竿一本半にし開始すると、早々に尺近いアジラッシュ。普段ならチョー嬉しい
のだが今日はちょっと・・・
アジが竿一本以内のタナで食ってきている為、仕掛けを重くしアジの棚を早く通過する
用に仕掛けを変更。
すると餌が残ってくる。これは何か居る。( ̄ー ̄)ニヤリッ

しかし何も食ってこない・・・
しばらくすると右隣で釣っていた人に30cm位の黒鯛がヒット。
そして、徐々にタナを深くし更に探っていると・・・
な、なんと左隣の人の竿が大きく曲がっているじゃ~無いですか・・・
そして浮いて来たのは46cm位の黒鯛。
何で自分を通りすぎてくの(泣)

しかし、『まだまだ時間はある』と再度気合を入れがんばるものの、今度はその方の更に
右隣人の竿がすばらしく曲がっているではないですか。しかもラインは沖に向かって一直線。
浮いて来たのは70cmクラスの立派な真鯛。お見事!!

そこから更に気合を入れがんばるもののその後は完全なる放置プレー(泣)
結局納竿まで一度もオキアミ捕られることもなく終了。

そして結果はなんと、隣で46cmを釣った方が優勝。
運も魚もその方にすべて持っていかれました。

しかし選択した場所、そしてポイントすべて間違っておらず、ただ運だけが足りなかった悔しい
結果になってしまいました。
しかし勝負事はすべてが運。『運も実力のうち』とも言うように、転がっている運を確実に呼び込
めるように修行に精進しなければ(笑)

そして閉会式では鵜沢名手による講習会が行なわれました。


なるほどと思う事が沢山ある実に内容の濃い講習会でした。

さて、大会は次回は7月5日に男鹿半島にて開催されるマルキュウーカップグレに参加予定。
全国大会は『四国 日振島』が舞台。
マルキュー二冠目指し日々修行。

黒鯛は秋までお休みの予定(爆)

今回雨の為画像無し。デジカメ壊すと奥様に怒られるんで・・・


  


2009年06月22日 Posted by H君 at 23:13Comments(5)